進学教室Next Age津本部教室 教室長
堀内 友裕
 堀 内 道 場 
      教室長コラム









この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
堀内コラム
12345
2018/08/07

奇跡の時間

固定リンク | by:yokkaichi-school
残り5分」を告げてからしばらくすると、はっと何かに気付いた顔をする子がいます。私も学生時代に経験があります。試験終了まで残り3分の時点で解法をいきなり思い出したり、ひらめいたりして、その度にその残り3分に救われました。「残り3分の奇跡」は言い過ぎかもしれませんが、先ほどまで苦戦していた問題が終了間際に突然解けたりします。人によってその奇跡の時間は異なりますが、多くの人がテスト終了間際に体験したことがあるのではないでしょうか。その反面、その時間を何もせずに過ごしている子もいます。そんな子ほど試験監督とよく目が合います。気まずそうに問題文に目を向けますが、気持ちはすでに試験終了。もったいない時間の過ごし方です。

突然ひらめくときがあります。散歩中や入浴中、ときにはトイレ中、寝る直前も多い気がします。リラックスをしているときが多いです。何かを集中してやり続けているときにもひらめくときがあります。ひらめく寸前に脳の視覚野が一時的に閉ざされることが分かっています。脳がひらめきの寸前に内なる自分に向かうときなのだそうです。脳のまばたきと言います。

「残り5分」と言われ、もうだめだと思うのか、まだ5分あるからいけると思うのかも大切です。それなら一度目を閉じ、視覚をシャットダウンし、脳にすき間をつくった後に手を動かし続ければ奇跡の3分をつくることが可能かもしれません。しかし、一番大切なことはよく寝ることだそうです。脳にリラックスできる十分なすき間をつくります。やはり何事にも睡眠は重要です。
16:52
2018/06/06

ウソも方便

固定リンク | by:yokkaichi-school

卑怯者(ひきょうもの)になるな」我が家で大切にしている言葉です。子どもたちにもよく言っています。昨今、ひどいウソが多すぎて感覚が麻痺(まひ)しそうです。もちろん教室内での話ではありません。教室の外での出来事です。勇気ある若者の行動に比べ、あきれるくらいに大人たちが国会や大学で繰り広げています。

ウソも方便(ほうべん)ということわざがあります。自分に都合のよいウソはついてもいいという意味ではありません。自分の利益のためにウソをつくのではなく、人のためにウソをついて誰かを救うという意味です。間違って使用している子どもたちもたくさんいます。自分勝手な都合でウソをついてはいけないですし、悪事に対して正当化できるものではありません。

運動会が春に開催される学校が多くなりました。先日訪れた小学校での出来事です。ある男の子が祖父母らしき人に嬉しそうに話をしていました。その子は背が高いためか、競技中も見知らぬ私でさえ目にとまる少年でした。三人の会話が隣で観覧している私の耳に入ってきました。「1番やった!」「2人抜かした!」それを聞いている祖父母らしき二人は笑顔で「ほーか、ほーか」と(うなず)いていました。スタート直後からずっと1番だったはずの男の子が2人抜くことはありえません。私の見間違えなのか、喜ばせたい気持ちが男の子をそうさせたのか。

陽気な気候のこの時期、海に行って恒例(こうれい)の家族行事をしました。先日はカニ釣りをしました。家族が本物のエサでカニ釣りをしている横で、長男は草を使ってカニを上手く釣り上げていました。疑似(ぎじ)()もカニにとってはウソになるのかな。


19:30
2018/04/24

はじまる、はじまる、春

固定リンク | by:yokkaichi-school

 そこは、日本ではないようなまるで異国を感じさせる場所でした。金色に輝く建築物とその手前の池に映っているシンメトリーの美しさ、周りにいる多国籍な人たち、いったいどこに来たのだろう。そう思わせるくらい、春休みの鹿苑寺金閣(ろくおんじきんかく)は、外国からの観光客であふれかえっていました。日本語を話しているのは私たち家族かお店の人くらいで、警備員さんでさえも英語で誘導していました。
  
 
庭園や金閣の美しさはもちろんですが、学生時代ならスルーしてしまいそうな「銀河(ぎんが)(せん)」という名所もあります。3代将軍足利(あしかが)(よし)(みつ)の茶水であり、今もこんこんと水が湧き出ています。その隣には義満が手洗いに使ったと言われている「(がん)下水(かすい)」があります。トイレ後に手を清めた水(洗ったと表現した方が正しいかも)が、茶水のすぐ近くを流れているのです。すぐ近くをですよ。しかも茶水の方へ向かって逆流しているようにみえます。

 
4月は1月とならんで何かを始める人が多い月です。英会話や趣味(しゅみ)の本などがよく売れるそうです。はじまると言えば、小学校でも英語が2020年、道徳は今年から教科化されます。英語は授業時間数が増え、接する機会が多くなるのは効果的かもしれません。しかし、苦手や嫌いな子が増えないようにしてほしいです。

  
我が家でも長男の中学生活が始まりました。数学や英語といった学習はもちろん、クラブ活動などスタートするものがたくさんあります。どのご家庭でも心配なのがやはり英語です。長男は、中学校の英語体験でネイティブの先生に「人参(にんじん)を英語で?」と聞かれ、「キャメロット」と答えトラウマになっていましたが、ラジオの英語の先生のおかげで英語嫌いにはならずにすみそうなので少しほっとしています。


19:22
2018/02/10

新年度がスタートしました

固定リンク | by:yokkaichi-school

試験会場に向かう子どもたちのカバンの中身やその重さをご存知ですか。受験票や筆記用具は当然ですが、重量の90%を占めているものはテキストです。休憩時間に、持参したテキスト類すべてに目を通すなんてことはできません。では何のために?前日の夜、持ち物を確認するときに、明日の不安が頭をよぎります。その不安を11つ打ち消すかのように、今まで使ってきたNext Ageのテキストや授業のノートをカバンの中に詰め込むのです。本当のお守りになります。中には、解き直しノートや特訓・合宿のプリントまで詰め込んでいる人もいます。重すぎるカバンに肩を痛めるのではと親は心配です。しかし、そのずっしりとした重さが、受験生にとっては今までやってきた証であり、安心感になるのです。その背負った重みには意味があるのです。

力が伸びるかどうかはひとりになったときの時間をどう過ごすかで決まります。授業で習っているときに伸びるのではなく、家や自習室で復習をしているときに力がついて伸びるのです。自分の力だけで解けるようになることが大切です。今年1年も、子どもたちが復習したくなるような、力がつくような授業を実践していきます。

保護者の皆様には、お弁当の用意や送迎をありがとうございます。今年度もご協力よろしくお願いいたします。


15:51
2017/11/28

プレテストの朝に

固定リンク | by:yokkaichi-school

 6年生のプレテストが終了しました。早朝に集合した子どもたちの後姿を見て、まだ本番まで1か月あるのに胸がしめつけられる思いがしました。ある子の背負っているカバンは少しよれていました。いつもは、カバンがはちきれるくらいパンパンに、テキストを入れているのだと思います。この日は必要なものだけのため、伸びきったカバンがくしゃっとなっていました。それは背中にもう1つ顔があるように見え、歯を食いしばっているようにも、こちらをにらみつけているようにも見えました。
 
 何のためのプレテストか。得点や偏差値に一喜一憂するためではありません。試験当日の雰囲気や時間配分の確認ができ、本番前に弱点を見つけることができたはずです。大切なのは結果に左右されず、「よし!ここから」と考えられるかです。
 
 中学受験は、おそらく子どもたちにとって人生で初めての大きな挑戦になります。親は毎日不安で押しつぶされそうな日々かもしれません。
1日の過ぎるスピードが急に速く感じ、不安と焦りばかりが増大します。しかし、親は最後まで堂々と毅然とした態度で子どもに向き合い、全力で私たちと一緒に子どもたちをサポートしてほしいと思います。中学受験は子どもと親のどちらにとっても貴重な機会です。受験後、学力だけでなく何かに向かう姿勢も成長できます。そう自分にも言い聞かせこの道場を書いています。  

19:17
12345